×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランツァ ダクト流用

 

これも、やっている人が多い定番です。

参考にしたのはこの方です。

キャブを大きな物に交換しちゃうなんて! 凄い人だよね〜

 

赤男爵に注文して取り寄せてもらいました。                      

 

税込み1170円です。   

これでパワーUPするなら美味しいよね*^-^*

通称“豚鼻”  まさにその通り

 

 

 

さて、豚鼻は何処に取り付いているのか?     

 

サイドカバーとシートを外すと見えてきます。

 

丁度お尻の下辺りですね。

 

 

 

力尽くで、もぎ取りました。          接着剤が悲しく残りました。 奥に見えるのがエアクリのフィルターです。     側面からです。

 

 

 

断面積の分で吸入量UP

 

長さを短くする事で、抵抗を軽減

 

ゴム質は艶々と       カサカサ(>_<)

 

 

 

 

 

 

SW仕様には3ET・ランツァには4TPの表示

接着にはゴム用のG17を使用しました。

マイナスドライバーでグイグイ押込みました。

 

 

 

さあ!やることはやったぞ!

後はセッティングだ!

ランツァ ダクト流用の費用は、『1170円』でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドレスアップ・メンテナンス

next

back